珍しい電車が…


DSC_1069cm
大ネタで鉄が大量に集まってると、「何が来るんですか?」とよく聞かれますよね。
大体説明に困るような列車なので「古いのが…」とか「もうすぐ引退…」とか答えますが、きっと相手はイメージがあやふやなまま去っていくことでしょう。
今回のネタは「古いロマンスカー」で通じるので楽でした。
そんな古いロマンスカーの保存車が、長いと邪魔になるということでサッパリ短くなりに回送されました。せっかくの60周年なのに保存車両の整理とは悲しい限りです。バーチャルだけじゃなく、ちゃんとした現実の博物館も作っていただきたい所。

鉄大集合&金曜夜の繁華街だったので、ほろ酔い(泥酔?)なギャラリーも大勢集まって、お祭りのような状態で通過していきました。
偶然居合わせた一般人でも、あぁこの形知ってる知ってるとなった方も多そうです。実際そんな反応が見受けられました。世代を超えて愛される、良い列車ですね。

DSC_1223cm
回送後の大野にて。あの頃と同じく美しいままなので、夜が明けたら出区していきそうな、そんな雰囲気でした。

10025


DSC_0984cm
DSC_0029c DSC_0023cm DSC_0020cm
10020型唯一の生き残りである10025。
最近はインバウンド&新幹線フィーバーのおかげで、夏ダイヤ中は土日平日関わらず定期運用があるようです。
朝の立山行きが外国語で溢れています。まったく信じられない光景です。
鉄オタ的には非常にありがたい限りなんですけどね。
そもそも上滝線の朝ラッシュしか動いてなくて、もてあまし気味だった3両編成がここまで重宝されるとは思いもしませんでした。
14722もそうですが、一体いつまで働き続けることやら。

タイミング


DSC_9097cm昨日タイミングが~って話をしました。
鉄道車両の保存も、理解のある人と言い訳のタイミングによるところが大きいらしいです。鉄道車両というのは自社の発展にだいたい30年~40年も貢献してきた大先輩であり、我が国の産業や技術の発展の歴史そのものですから、すぐに利益を生まないかもしれない保存復元事業にもう少し理解が得られる世の中ならなぁと、ぞんざいに扱われたり解体されてきた貴重な車両の数々を見てきて思います。この国は鉄道車両に限ったことではないですけど。
ようやく人一人が大切にされる世の中に転換してきたような、転換せざるをえなくなってきたからやってるような感じですが、目先の利益に惑わされず人が産み出してきたものも大切にできるほど余裕のある社会になってほしいですね。

池上駅構内踏切廃止へ


DSC_1220m
10年くらい前、下手したらそれ以上前から池上の構内踏切が廃止になるやらなんやら噂がありましたが、いよいよ本当に廃止になってしまうようです。
門前町・池上の玄関口である池上駅の駅舎改良および駅ビル開発計画が始動
http://www.tokyu.co.jp/file/170418.pdf

以前は、IKTMの他の駅のように上下分離した改札を設けて構内踏切を廃止する、という計画だったような気がするんですが、まさかの商業施設付き橋上駅舎化に落ち着いたようですね。東急としても池上地区は割と手つかずですし、今後インバウンドに日本文化を発信していく観光拠点とするにもちょうどいい、本線系統の駅舎の大規模工事が渋谷以外なくなったっていう、これもやっぱりタイミングでトントンと決まって行ったんでしょうね。
あの味のある駅舎やホーム上屋が消えてしまうのは残念ですが、東急の建築物ですし立派に昇華してくれると思います。
7700系と絡めて撮れるかな~?
最近の東急は車両の予定を年度で発表しなくなったので、大井町急行7連化以外どうなるのかわかりません。新車は入るの?

そういえば五反田駅がとっくに耐震工事終了してましたが、屋根は木のままでした。
流石木になる路線ですね。

変わりゆく景色


DSC_7486cm
[098-141レ 40101F]
桜木町廃止から13年経ったそうです。つまりみなとみらい線開業から13年。
Y500の斬新なデザインと、みなとみらい線のかっこいい駅に非常に驚いたことを今でも覚えています。たまに中華街に出かける時に利用しますが、今でも当時のコンセプトは色褪せていないと感じます。
桜木町が地下に沈んだだけでも驚きだったのに、4年前には渋谷まで地下に潜ってしまいました。今では当然のように東武、西武の電車が毎日乗り入れています。4年経っても信じられない光景です。
今度は座席指定列車が走りはじめるらしく、東急線内で西武40000系のハンドル訓練が行われています。
LEDが厳しいので、新高島流しで撮影しました。ここもホームドアで近いうちに撮影できなくなってしまうでしょうね。せっかく薄暗くて冷たいホームの雰囲気も相まって銀色の電車がかっこよく撮影できるのに、非常に残念です。

頻繁に撮らないし通らないので、来るたびにどこかしらが変化している東横線。(最近だと祐天寺とか) 副都心線開業で誕生したこの巨大なネットワークは、どこまで変貌していくのでしょうか…。

あけました


dsc_6608cm
[104D キハ28 2346+キハ52 125]
今年もがんばります。

写真は1/3に運転されたいすみ鉄道のキハ急行。なんと能登路ヘッドマーク掲出とのことで、朝から房総半島へ。予報では昼頃から雲が沸いて出てくるようで、100Dメインで104Dが撮れたらなあ…なんて程度の考えでしたが、雲のくの字もない快晴でした。
新年早々こんなおめでたい列車が撮れるなんて、今年もいい年に、なのか新年早々運を使い果たした、なのか。

dsc_6650cm
去年は色々と動きが多かったIKTM、今年はどんな動きを見せるのでしょうか?
この構図久々にやったな。

今年も一年ありがとうございました


ここを一切更新していませんでした。しかも気づけば年越しです。
いかんなー。一応記録の記録っていう意味でちゃんと更新せねば…。
というかもう最近は記録するために、というより最高の被写体でシャッターを切る一瞬を味わうために写真を撮ってる気がします。だから撮った後はもういいやみたいな。
自分の写真に対する気持ちだったり考え方っていうのが大分変化したな、と自分でも感じてます。
山貨を必死に追いかけてた頃と違って、今は腰を落ち着けた撮影が多いですしね。
まぁ成長したと捉えるか老化したと捉えるかは置いといて…。
dsc_5296cm
とりあえず箱根登山でお茶を濁して。よいお年を。

最近の嵌り


dsc_2058cm dsc_1966cm dsc_1545cm
箱根登山鉄道!ハマってます。
首都圏エリアでこんなボロがゴウゴウ言いながら山の中を走ってるって普通にすごくない?っていうのに最近気が付いて通ってます。110号の引退記念塗装も走り始めて、今が一番楽しい時期かもしれないです。
この先紅葉や雪も待ってますし、撮影地もまだまだありそうなので、結構楽しめそうです。

9/7 四季島甲種輸送


dsc_1916cm
[9596レ EF65 1103+E001系TRAIN SUITE 四季島(7B)]
ついに本線上に姿を現した四季島編成。
一回しかないこの甲種、行くしかないだろうということで炎天下の沿線へ出撃。
ギリギリ晴れかな(笑)

尾久に甲種が入線することってなかなかないですよね。貨物の釜がそのまま入るとは思えないし、何の釜が引くんだろう?とちょっと期待してたんですが、やっぱり旅客釜が牽いてくれました。他の行程捨てた甲斐あったなー。
釜に牽かれてる姿を見ると新しい客車っぽいかも。でもパンタもついてるし、これが自走するんですね。信じられません。営業運転で撮影できる機会が楽しみです。
まぁ一生乗れないんですけどね。