会いたかったライナー


DSC_3188cm
[3233M センA-1/A-2]
ほんとは冬の間に来たかった…。
3月の改正で運転を終えたあいづライナー。
福島DC開催に伴い、快速あいづとして復活中です。
撮りたい撮りたいと言いつつチャンスがなく、あいづライナーとしては撮影できませんでした。というか、冬の間に磐梯山がくっきり見える日×A1A2代走×休みって難易度高すぎです。
まぁそんなこんなで比較的天候が安定するであろう春の快速あいづを狙っていました。
快晴と休みが重なった4/26に郡山へスクランブル。東長原で念願の快速あいづとご対面です。太陽が高くなると側面が若干薄いですね。特に485だと側面の薄さが目立つので尚更です。
まぁ妥協妥協と思いつつ1号を六郎原へ。

DSC_3226cm
[1225M センH-14+センH-12+センS-27]
前走りのフルーティアふくしま1号です。普通列車に併結なのですね。

DSC_3264cm
[3233M センA-1/A-2]
時期柄心配だったPm2.5の影響もなく、くっきり見える磐梯山に感動です。
郡山から下り初電に乗った時に人生で初めて磐梯山を拝んだのですが、朝日で輝く磐梯山に満開の桜と美しい車窓に終始感動していました。いつだかの中央本線甲府盆地らへん以来の感動かな…。でも一番好きなのは立山連峰です。

DSC_3387cm
[1234M センS-27+センH-12+センH-14]
時間は飛んで滝の原インカでフルーティア4号です。被りつくと本当にかっこいいですね。
6両になってるおかげでだいぶ助かってる気がします。

DSC_3435cm
[3239M センA-1/A-2]
本当に雲一つない青空だったので、空をたっぷりいれた構図で。
国鉄特急色って本当に景色に映える色してますよね。こういう光景を見ると惚れこんで狂信者になる理由もよくわかります。
そして最後は一番楽しみだった滝の原インカ6号

DSC_3490cm
[3240M 〃]
来たかいありました!心配だった木の影もギリギリセーフで良い半ツラです。
いやーやっぱ側面当たってる485はかっこいいな…。
大満足で磐西を去りました。

車に乗せていただいたり、枝切りはさみを貸していただいたり優しい方と多く出会えて楽しい旅でした。お世話になった方、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>