珍しい電車が…


DSC_1069cm
大ネタで鉄が大量に集まってると、「何が来るんですか?」とよく聞かれますよね。
大体説明に困るような列車なので「古いのが…」とか「もうすぐ引退…」とか答えますが、きっと相手はイメージがあやふやなまま去っていくことでしょう。
今回のネタは「古いロマンスカー」で通じるので楽でした。
そんな古いロマンスカーの保存車が、長いと邪魔になるということでサッパリ短くなりに回送されました。せっかくの60周年なのに保存車両の整理とは悲しい限りです。バーチャルだけじゃなく、ちゃんとした現実の博物館も作っていただきたい所。

鉄大集合&金曜夜の繁華街だったので、ほろ酔い(泥酔?)なギャラリーも大勢集まって、お祭りのような状態で通過していきました。
偶然居合わせた一般人でも、あぁこの形知ってる知ってるとなった方も多そうです。実際そんな反応が見受けられました。世代を超えて愛される、良い列車ですね。

DSC_1223cm
回送後の大野にて。あの頃と同じく美しいままなので、夜が明けたら出区していきそうな、そんな雰囲気でした。

10025


DSC_0984cm
DSC_0029c DSC_0023cm DSC_0020cm
10020型唯一の生き残りである10025。
最近はインバウンド&新幹線フィーバーのおかげで、夏ダイヤ中は土日平日関わらず定期運用があるようです。
朝の立山行きが外国語で溢れています。まったく信じられない光景です。
鉄オタ的には非常にありがたい限りなんですけどね。
そもそも上滝線の朝ラッシュしか動いてなくて、もてあまし気味だった3両編成がここまで重宝されるとは思いもしませんでした。
14722もそうですが、一体いつまで働き続けることやら。

変わりゆく景色


DSC_7486cm
[098-141レ 40101F]
桜木町廃止から13年経ったそうです。つまりみなとみらい線開業から13年。
Y500の斬新なデザインと、みなとみらい線のかっこいい駅に非常に驚いたことを今でも覚えています。たまに中華街に出かける時に利用しますが、今でも当時のコンセプトは色褪せていないと感じます。
桜木町が地下に沈んだだけでも驚きだったのに、4年前には渋谷まで地下に潜ってしまいました。今では当然のように東武、西武の電車が毎日乗り入れています。4年経っても信じられない光景です。
今度は座席指定列車が走りはじめるらしく、東急線内で西武40000系のハンドル訓練が行われています。
LEDが厳しいので、新高島流しで撮影しました。ここもホームドアで近いうちに撮影できなくなってしまうでしょうね。せっかく薄暗くて冷たいホームの雰囲気も相まって銀色の電車がかっこよく撮影できるのに、非常に残念です。

頻繁に撮らないし通らないので、来るたびにどこかしらが変化している東横線。(最近だと祐天寺とか) 副都心線開業で誕生したこの巨大なネットワークは、どこまで変貌していくのでしょうか…。

あけました


dsc_6608cm
[104D キハ28 2346+キハ52 125]
今年もがんばります。

写真は1/3に運転されたいすみ鉄道のキハ急行。なんと能登路ヘッドマーク掲出とのことで、朝から房総半島へ。予報では昼頃から雲が沸いて出てくるようで、100Dメインで104Dが撮れたらなあ…なんて程度の考えでしたが、雲のくの字もない快晴でした。
新年早々こんなおめでたい列車が撮れるなんて、今年もいい年に、なのか新年早々運を使い果たした、なのか。

dsc_6650cm
去年は色々と動きが多かったIKTM、今年はどんな動きを見せるのでしょうか?
この構図久々にやったな。

最近の嵌り


dsc_2058cm dsc_1966cm dsc_1545cm
箱根登山鉄道!ハマってます。
首都圏エリアでこんなボロがゴウゴウ言いながら山の中を走ってるって普通にすごくない?っていうのに最近気が付いて通ってます。110号の引退記念塗装も走り始めて、今が一番楽しい時期かもしれないです。
この先紅葉や雪も待ってますし、撮影地もまだまだありそうなので、結構楽しめそうです。

9/7 四季島甲種輸送


dsc_1916cm
[9596レ EF65 1103+E001系TRAIN SUITE 四季島(7B)]
ついに本線上に姿を現した四季島編成。
一回しかないこの甲種、行くしかないだろうということで炎天下の沿線へ出撃。
ギリギリ晴れかな(笑)

尾久に甲種が入線することってなかなかないですよね。貨物の釜がそのまま入るとは思えないし、何の釜が引くんだろう?とちょっと期待してたんですが、やっぱり旅客釜が牽いてくれました。他の行程捨てた甲斐あったなー。
釜に牽かれてる姿を見ると新しい客車っぽいかも。でもパンタもついてるし、これが自走するんですね。信じられません。営業運転で撮影できる機会が楽しみです。
まぁ一生乗れないんですけどね。

写真にまつわる話その3-並ぶ


DSC_0113cm
[回8850M クモヤ143-2]
クモヤ2番の臨回です。
これだけだとただのどうしようもない写真ですが、
DSC_0120cm
後ろを振り向くとこうなるんですね。まるで撮影会のよう。
たしか国府津常駐のクモヤの交番検査回送だった気がします。幕張の交検も頻繁にやってましたが、実は国府津もやってたんですね。
DSC_0124cm
何も品川で並ぶスジにする必要ないと思うんですが、運転士の都合ですかね?
回6851といえば今は亡きチタ区所属車両のTK入場スジです。あと横浜線の205がTK入場する時も品川からこのスジでしたね。E233も使うかと思います。
もはやTKに2両しか存在しないクモヤ143-0。このような並びは二度と見れないかもしれないですね。

3/18 1017F出場


DSC_6077cm
驚きの姿になって出場した1017F。公式からの発表が何もないんですが、どういった理由でのリバイバルカラーなんだろう。
このツートンカラーは、東急線で1950年中ごろから1960年代後半まで存在した塗装だそうで。3450形が引退前、リバイバルカラーとしてこのツートンを纏い目蒲線を走行していたほうが今となっては有名ですかね。というか今回イメージされたのもそっちの方だと思います。
上の写真を見ての通り、行先表示および運番は幕からLEDに交換されています。
DSC_6022cm
車内は基本的に1500系と同一の更新内容ですが、座席モケットの色が茶色でした。(1500系は緑色)
どぎつい外装と比べると、落ち着いていて好印象な車内です。
というか、この更新を期に稼働すると思ってた車内のLEDが未だに準備工事なんですが…。
床下機器はパッと見変わってなさそうな感じでした。

そういえば雪が谷の1000,1500系は全て前照灯がLEDになったのですが、テクノに入場していた1017FだけLED化を逃れていました。運用開始までには多分換装されてしまうと思うので、シールドビーム×ツートンの組み合わせは超短期になるかもしれませんね。

行方知れず


DSC_5250cm
[052-121レ 4110F]
DSC_4865cm
[052-131レ 〃]
2月中旬頃から、4110Fのヘッドマークが外されたまま運行されています。
一体何をたくらんでいるのでしょうか。Fライナー絡みで新HM掲出か?それとも一生このままの素の姿で走るのか?Fライナーが走りはじめたら、綺麗な特急種別表示がレアになりそう。
そういえば、4110Fの車体のラッピング期限が2月末で切れるだかで処遇がどうなるか盛り上がっていましたが、3月入っても普通に走ってますね。

ラッピングといえば恩田で1017Fがすごいことになってるらしいです。
ほかの方が上げてる写真を見る限り、走り装置はそのままで車体(車内)を1500系に準じさせたような感じです。それにしてもあのツートンが今更1000系で復活するとは思いませんでした。7000系の緑といい、段々時代をさかのぼってるような気がするんですけど…。
早く池上線でその姿を見てみたいですね。